HOME > ブログ

フラワーブログ

Mブラザーズ&桃の節句

今日は、3月3日桃の節句ですね。

午前中は日差しも暖かく、On Flowersも桃の花を飾って、

今週のアレンジに使うミモザの水揚げが忙しい一日でしたが

今日から、On Flowersの音楽環境がレベルアップしたの忙しくてもご機嫌です。

オーディオを新しくしたのではなくインターネットラジオから

色々なジャンルの曲がかけられるようになったのです。

実は先日、On Flowersで奥様へのプレゼントをご自分でアレンジしたM氏が

同じJAZZのCDをリピートで聴いているOn Flowersの音楽環境を

気にしてインターネットラジオを教えてくれたのです。

どうしたらいいのかわからないOn Flowersのために

何と、M氏の弟さんに声をかけてくださり、、

昨日夕方、M氏の弟さんが設定にきてくださったのです。

Y.Mさんありがとうございました。ちゃんと聴けてますよ。

M弟さんはコンピュータがご専門のようですが、クラッシックピアノも弾くそうで

「JAZZの曲のこのフレーズはクラッシックのあの曲からのアレンジだな」とさらりとおっしゃる。

恐るべし、Mブラザース。お二人ともジャンルの違うアーティストでした。

On FlowersはJAZZの流れる素敵な花屋ですが、(自画自賛)

素敵な方々との出会いでより進化してもっと素敵な花屋を目指しますね。

 

本日の画像は先週の教室の 花桃のベースアレンジ

On Flowers5年目の生徒さんのT.Fさんの作品です。

桃のベースアレンジ

2008年3月3日|ブログFacebook

グロリア

グロリアのいう名のクラッシックマム(洋菊)がOn Flowersに入荷しました。

菊というと仏花を連想するのでちょっとねと敬遠する方もいらっしゃるのですが、

クラッシックな花型ながら華やかで上品なこのピンクには心惹かれてしまうはずです。

この素敵な大輪の洋菊に今週は花桃を合わせたアレンジメントがお勧めです。

ちょっと強さのある直線的な桃の枝に柔らかく芽吹いた雲竜柳の枝をあしらいます。

週末には春一番の嵐で、今夜は雨です。暦の上では雨水も過ぎ

少しずつ春の気配を感じる今日この頃です。/R

 

グロリア

 

2008年2月26日|NEW FACEFacebook

ホワイトデーには花束を!!

花屋としましてはバレンタインデーのお返しには是非花束をと願いつつも

なかなか、日本の男性には女性に花を贈る習慣が浸透せず本当に困っています。(苦笑)

欧米の映画では折に触れて男性は女性に花を贈る素敵なシーンがあるし

男性が花束を抱える姿も気負わず様になってるし・・・・。と思ってしまうのですが。

なんと今年のバレンタインデーにOn Flowersには素敵な男性のお客様がご来店。

バレンタインデーなので、奥様に花を贈りたいとおっしゃる。

ちょうどアレンジメントの教室にはレッスン中の生徒さんが基本形のホリゾンタルクレッセントを作成中でした。

それを横目で見て、花器と花材を選んだ後、ご自分でアレンジした花を贈りたいので

教えて欲しいとのことで、レッスンに飛び入り参加でA講師の指導により

下記の作品を30分ほどで仕上げてお持ち帰りになりました。

聞けばお仕事はクリエーターで油絵の個展を開くアーティストとの事。

なるほどと納得でしたが、翌日再びご来店しにちゃんと奥様が喜んでくだっさたとご報告を頂きました。

男性諸氏にアドバイス申し上げます。

ご自分であしらう事ができなくても大丈夫です。

でもチョコレートを頂いちゃったらお返しはお花でしょう!!

男性にお花を贈ってもらうなんて女性ににとっては特別な事ですから、

伝わる気持ちも特別です!!ホワイトデーのお返しには素敵なお花をお勧めします。

是非、On Flowersに早めのご予約を!

Mさんアレンジ

 

2008年2月16日|OTHERFacebook

ギリシャ神話の男の子

今週のOn Flowersには球根花が入荷しました。

その中からヒヤシンスを2種ご紹介します。

ヒヤシンスはなWikipediaで調べると

 

ヒヤシンス(Hyacinth. ヒアシンスとも表記、漢字では風信子、飛信子)は

ユリ科APG植物分類体系ではヒヤシンス科)に属する球根性多年草で、

耐寒性秋植え球根として扱われ、鉢植えや水栽培などで観賞され、

春先に香りのよい花を咲かせる。地中海東部沿岸からイラントルクメニスタン付近の原産。

 

と表記されていました。ギリシャ神話の男の子の名前のようです。

小さな頃、水栽培で育てましたよね。切花としてはオランダでしか栽培してないようです。

下記画像の寒色系の2種がオランダから入荷しました。

ニュアンスあるピンクのラナンキュラスやチューリップやアネモネとアレンジします。 /R

ヒヤシンス ウッドストック

ヒヤシンス ブルー

2008年2月5日|NEW FACEFacebook

ブラックティ

今日は立春だというのに 昨日、積もった雪が溶けて寒い一日でした。

ショップには今週レッスンに使う球根花たちが入荷したのですが、

雪の影響で到着が遅かったので明日以降のご紹介ということで、

先週、楽しんだ、ブラックティという薔薇をご紹介します。

知る人ぞ知る、大人の女の為の薔薇かな。

この薔薇を見てため息をつかない大人の女性を知りません。(笑)

ほんとにため息が出るほど、エレガントな薔薇。香りも上品。

季節によって多少色合いは変わるのですが、何とも形容しがたい色です。

咲きながら色は変化し最後は紫を帯びたベージュのような色になります。

ラッキーにも、週末に7輪店頭にあり、自宅に連れて帰りました。

何にも包まず束ねず70センチほどのブラックティーを7輪だけを手に持って。

たぶん、満面の笑みだったと思います。かなり怪しい・・・。ちょっと反省してます。

玄関に飾ったのですが、雪の週末、我が家の玄関は上品ないい香りでした。 /R

ブラックティー

 

2008年2月4日|ROSEFacebook

このページのトップへ