春を待つ伊豆山の散歩をご一緒に

日差しが春めいて早めの春一番が吹いたところもあるようですね

気温は低いけどとてもいい天気だったので

近くの伊豆山神社までお参りとお散歩に出かけました。

 

歩くときは足元は万全でスニーカーではなく

お気に入りの登山用のアプローチシューズ

 

 

普通に歩くと山道なので30分ほど 周りの景色を見ながら

ゆっくり写真を撮りながら歩くと45分もかかってしまいました。

さて今日は伊豆山のお散歩ご一緒しませんか。

 

熱海の街中の熱海桜は満開を過ぎましたが

伊豆山の標高が300メートルほどの場所はまだほころび始め

時期をずらせながらお花見ポイント知ってると長く楽しめます。

 

 

 

下りの急なヘアピンカーブの脇に大島桜の大木があります。

白く大きな花を咲かせる大島桜、染井吉野よりは少し早めに咲くので

見頃は3月半ばから末、満開には景色が一変します。

 

 

これは染井吉野のまだ固い蕾

東京より少し早めに咲くはずですが去年から

暖流が伊豆大島の向こう側へ流れているらしく

少し寒い熱海です。去年は東京より開花が遅くびっくりしました。

今年はもう少し早く咲かないかなと願ってます。

 

 

伊豆山の景色の中で大好きなのが楠(くすのき)

来宮神社の大楠(おおくすのき)が有名ですが

伊豆の山にはたくさんの楠があり大木も多く

その大きさの安定感には本当に癒されます。

この楠は伊豆山神社の大木

見上げるだけで何だかんだ嬉しくてしばらく佇みぼーっと眺めます。

 

 

境内の梅も満開です。

伊豆山神社はしだれ桜が見事なので4月の半ばごろを目指しましょう。

実はタイミングが合わず

まだ満開のしだれ桜を愛でてないので今年こそ。

 

 

さて、海も山も美しい伊豆山の散歩はいかがでしたか。

これから季節ごとの美しい景色をお届けするのでお楽しみに。

熱海や伊豆の山を歩きながら自然を感じ

季節の花や植物を摘んであしらうワークショップを夢見ています。

少し準備に時間がかかりそうですがじっくりと準備したいと思います。

 

 

すばらしい手仕事へのリスペクト

そのアトリエに行ったのは

このコサージュを買うためでは無かったのに

本当に久しぶりの衝動買い

 

このアネモネが私を見ていたとしか言えなくて

目が合った瞬間に釘付け

美しすぎる花びらのグラデーション

花びらのカーブ

黒い雄しべと花粉

この世ないどこにもないはずの花に魅せられて

連れて帰ってきました。

黒い紙貼りの箱に大切に入れて時々そっと開けて

ずっと眺めています。

 

素晴らしく美しい手仕事にリスペクト

昨年末に知り合えた帽子作家の合渡都さん

どんな時も力になってくれる究極の魔法の帽子をオーダーしたくて

阿佐ヶ谷にあるアトリエに伺いました。

もちろんオーダーしたのは黒いベレー帽

 

忙しい方だから慌てずに楽しみにドキドキ、ソワソワ、

でも、じっくり待ちます。

 

今日はHPの打ち合わせで有楽町へ、

そのあとは資材の調達をして少しだけ東中野へ出没

今日の私はこんな感じ

 

白黒シマシマセーターにやっぱり黒いベレー帽

黒いベレーの呪いから抜け出せないのです。

 

ゆっくり始動の熱海On Flowers

先週投函したお手紙が届いた方から嬉しいエールを頂きました。

ありがとうございます。

 

ちょっと楽しい試みを3月末から始めます。

まずは東中野のレッスンへ通ってくださった方々へご案内

2月末には初めましての方々へもご案内できるように整えたいと思います。

もう少しお待ちくださいね。

美しすぎる子育て卒業のブーケ

2月8日の午前中に熱海の自宅にブーケが届きました。

この季節に私が心を震わせ花々ばかり、

一瞬、東中野のOn Flowersからと思ったのですが

配送の箱がいつもと違う、

送り主を見るとやはり橋本藍となってるけど住所が

On Flowersではなく藍の自宅住所になってる。

花合わせが娘の藍のいつもの感じと違うと感じ

訝ししく思いながら開けると、ショップカードが

花仲間の安藤理恵子さんのアトリエのもの

 

サプライズにびっくりしながら嬉しくて思わず涙がこぼれました。

2月8日は藍の誕生日

忙しかったのでしょう珍しくメッセージカードは無かったのですが

LINEでお礼を伝えると

「 34年目も楽しく生きていきます 産んでくれてありがとう 」

とメッセージが返ってきました。

理恵子さんのアトリエからのサプライズの件には

「 花に飢えてるでしょうから、たっぷり堪能してくださいませ、

いい刺激になるかなと 」

どこまでも上から目線の頼もしい娘です。

 

 

 

 

 

一緒にやってきたOn Flowersの12年半を振り返り

別の道をお互いに進むと決め色々悩んだけど、

あぁ、もう大丈夫と心から安堵しました。

 

「 ありがとう、軽々と母を越えて飛躍の年としてください 」

とエールを送りました。

 

さて子育てをやっと卒業の美しいブーケを胸に私も

熱海On Flowersをしっかり始めたいと思います。

 

昨日から東中野のレッスンに去年まで通っておられた方々へ

お知らせのお手紙をお送りしています。

来週には届くと思うのでもう少しお待ちください。

 

まだ企画段階ですが3月には小さなワークショップを

熱海で始められそうです。

熱海On Flowersまだまだ白紙なので可能性が無限大、

生まれ変わったような清々しさです。

美しい景色と美しい仕事に励まされて

今週は寒いけどよく晴れたいいお天気が続いています。

熱海から富士山は見えないけど

先週の日曜日には一山越えて、隣の隣町の沼津まで出かけました。

鷹巣トンネルを越えるとこんな富士山に出会えます。

 

 

目指したのは素敵な場所 weekend books

素敵なオーナーご夫妻のセレクトの古書と素敵ものが並ぶギャラリー

 

 

HUTTEさんの作品展

weekend booksで開催中です

森のこえ 海のささやき

来週2月13日(火)まで

知る人ぞ知るボタニカルアートを表現するスタンプ作家

 

 

素晴らしい作品が並ぶ空間を堪能しました。

スタンプの販売は縮小しながら活動を変化させていくと伺い

これは最後のチャンスとスタンプ購入

本当に美しくずっと眺めていられます。

美しくドローイングに見える細いライン全てが

HUTTEさんが描きスタンプとして彫り出したライン

本当に美しい手仕事

 

 

幸せなHUTTEコレクション

 

小引き出しの一段を占領しそっと引き出して眺めてはニンマリ

今週はやっとお手紙を書き始めたので丁寧に1つずつ押してみました。

 

素晴らしい仕事を作り上げた尊敬する方にお目にかかれて

少しお話も出来て、静かで熱いエネルギーを頂きました。

美しい景色と美しい仕事に励まされて

 

私にしか出来ないことを目指して私も再び動き始めたいと思います。

 

今週末には東中野でレッスンへ参加してくださっていた方への

お手紙とご案内を発送予定です。

もう少しお待ちくださいね。

 

儚く美しいものに惹かれる

この季節に美しい花のひとつがチューリップ

庭で咲くチューリップは3月末から4月ですが

切り花のチューリップが美しいこの季節

花の仕事から少し離れているのが寂しく

撮影用に仕入れたチューリップが咲き溢れるまで楽しみました。

毎年観ても、ため息が溢れるほど美しいのは

紫系のチューリップの咲き零れる寸前の花びらたち

肉厚の花びらが薄くなって自然と水分が抜けた後に

メタリックに輝く瞬間があるのです。

 

今年たくさん活けたのはパルミラ

届いた時は深いダークレッドですが徐々に紫色を帯びます。

 

 

いつもは花びらを集めて自然に乾くのを飽きずに眺めるのですが

今年は尊敬する花仲間から素敵な情報が

茎ごとドライにできることを聞き試してみました。

 

 

除湿機をかけながら1週間

乾燥した空気でも球根系のたっぷり水を含んだ茎は

中々手強くやっと今朝しっかりドライになったのがこちら

 

 

ダークパープルが美しくうっと眺めました。

そっとグレイのワックスペーパーで包みましたが

はらりと溢れる姿もその色も美しく、

溢れた花びらもそっと集めて

先週のパンジーの花びらに混ぜてみました。

 

命あるものが咲き誇り咲ききり、咲きこぼれる姿にも惹かれます。

 

そんな美しい一瞬をお伝えしたくて

きっとこの世界観を共有してくださると信じている

今日は大好きで尊敬している作家さんのイベントに行き

壊れそうで溢れてしまう

不思議なチューリップのブーケを手渡しました。

そのイベントご報告は次回にでも。