この夏の日差しに負けないように

夏の日差しをカーテン越しに楽しんで久しぶりにカメラで撮ってみました

 

今年の夏は暑さも災害も尋常でなく、心身共に少し受け過ぎて

ちょっと元気なく過ごしていましたが花々の美しさに励まされて

今日は熱海レッスンにご参加の方々に癒されました

 

 

 

約束しながら中々アップできなかった

7月の季節の花の定期便と熱海レッスンの花材の名前と産地

仕入れ日に水揚げしながら急いでiPhon撮った画像なので

ピンボケもお許しを。

ドライフラワーになっても色が変化しにくく

個性的な花や葉を揃えました。

香り高いマルバユーカリだけは国産のフレッシュで柔らかな葉を

輸入された葉はユーカリもグレビレアも硬めで

ドライフラワーになっても長く飾れる種類を選んであります。

 

ユーカリ グレッグソニアーナ(オーストラリア)

 

ユーカリ ポポラスリーフ (イタリア)

 

丸葉ユーカリ(静岡)

 

ユーカリテトラゴナ (オーストラリア)

 

グレビレア (イスラエル)

 

スターチス カシミア  (北海道)

 

リモニューム マルチーズ (北海道)

 

フィリカロック (アフリカ)

 

アマランサス イヤーミングデザート (オランダ)

 

プロテア ホワイトナイト(スペイン)

 

今回は10種類の花材を重ねて束ねて頂きました

それぞれの花や葉の特徴を捉えて、全量を束ねても、

雰囲気を変えて3、4種類を選びイメージを重ねて束ねても

それぞれに美しいブーケやスワッグに仕上がると思います。

スワッグやブーケで束ねる時は

束ねる支点から下の葉や枝はしっかり取り除きます

スワッグにして壁に飾る場合は飾った時に

背面で活かされない個性的な葉や実や花はカットして

壁に飾った後にバランスを見ながら短い枝も

束ねたラフィア近くに挿し込み仕上げます。

ドライフラワーになった後も丈夫な花材ばかりなので

何回か束ね直して頂いても大丈夫です。

 

今日熱海レッスンが終わり

花々を手にした方々が楽しんでくださったことが嬉しくて

本当にいい日でした。

 

熱海On Flowersの7月の花々を受け取ってくださったみなさま

Instagramへのアップやメールでのご報告ありがとうございます

それぞれのお部屋に飾られた花々を見て嬉しくホッとしてます

 

8月が始まりましたが、猛暑が再びのようです。

くれぐれもお身体に気をつけてお過ごしください。

 

 

夏の白い花々を想う

白い涼しげな花々に癒されたくて

夏の白い花々の画像を以前のブログから探してみました

 

 

 

 

 

来週末にお届けする季節の花の定期便も熱海レッスンの花材も

涼しげな白い花々とユーカリの葉など

爽やかでドライフラワーになる花々と葉を

少し大きめのスワッグに束ねていただけるように準備します

画像は去年の東中野のレッスンの少し小振のちょっとかわいいスワッグ

今年はもう少し大きめでしっかりドライにできたらと思い

壁に飾ってもガラスベースで床置きで飾ってもいいように

ユーカリの枝を何種類かしっかり束ねられるように

ひと夏、楽しめるようにしたいと思ってます。

 

こちらは山に咲くクレマチスの原種の仙人草

本当に涼しげで素敵です。

まだかな、8月にならないと咲かないかな

山やのに咲く白ユリはタカサゴユリとテッポウユリの

交配種らしいのですがテッポウユリより華奢で本当に美しい

去年行ったぶどう園で摘ませてもらって

ぶどうの蔓に合わせて飾ったのも懐かしい

夏の白い花はやっぱり素敵

画像だけど白い夏の花々を見てるだけでもちょっと癒されました

 

猛暑とか酷暑とか、昔は聞かなかった言葉

夏でも木陰は涼しくて路地を吹き抜ける風や風鈴の音や

毎年、父が植えてくれていた白い夕顔の花を見て

夕涼みしていた子供の頃の記憶は幻だったんじゃないかと思うほど

みなさまお身体に気をつけて どうぞご自愛いくださいね

 

でもここ熱海の伊豆山はちょっとだけ山の上だから

夕方の風は少しだけ涼しく何より大好きなひぐらしの声が聞こえて

ちょっと一息つくことができます

 

季節の定期便は7月28日(土)午前中に

ヤマト便で届くようにお送りします

熱海の伊豆山アトリエレッスンは7月30日(月)13時から

 

どちらもまだ少しだけご予約を承れます

気になる方はお早めにメールでお問い合わせお申し込みください

 

 

 

6月の季節の花の定期便と梅雨明け

あっけなく梅雨が終わってしまったようです。

6月中に梅雨が明けるなんて、ちょっとびっくりしましたが

6月の季節の花の定期便をお届けのみなさま

涼しげな紫陽花を楽しんでください。

お送りした方の到着確認をヤマト便の追跡サイトで確認して

ホッと一息。

この暑さ、しっかり水揚げしてから飾ってください。

 

伊豆の紫陽花を紫のガクアジサイ「城ヶ崎の雨」をメインに

小ぶりの紫陽花を80本ほど伊東の生産者の方から仕入れました

演歌の題名のようと皆さんが笑うのですが

演歌にあるのは「雨の城ヶ崎」みたいです。

少し似てるけど「城ヶ島の雨」という古い童謡もあるみたい

ちなみに城ヶ崎は伊豆半島で城ヶ島は三浦半島にあります。

 

大田市場に予約したのはオランダから届いた

アンティーク紫陽花

綺麗なドライフラワーになってくれます。

 

水揚げした枝をフラワーベースのサイズにあわせて

バランスを見ながら枝と枝を組み、紫陽花をあしらい

時計草の蔓で仕上げました

 

少し離れて角度を変えて見ながら重なりすぎる枝や葉を間引き仕上げます

 

間違い探しのようですが2枚の画像の違いわかりますか?

かなり枝や葉を間引きました。

どの枝や葉や実を活かすかじっくり眺めながら楽し見ます。

 

トケイソウの白い花が咲きました

水揚げしながら落とした虫食いの葉も見事なパンチグレース状

アロニアは1メートル80センチの大枝を切り分けました。

バスルームが美しい植物や花々で埋め尽くされる

1ヶ月に一度の楽しい時間が終わりすっかり空っぽです。

さて、来月もお楽しみにお待ちください。

雨の季節に一番美しい花々をお届けします

画像は昨日の夏至の夕暮れの空、季節は夏至を越しましたね

 

季節の花の定期便、ひと月に1回、その季節に美しい花を

熱海の伊豆山からお届けします

 

3月に季節の花の定期便を始めて4回目

6月は梅雨の時期に一番美しい紫陽花をお届けします。

東中野でのレッスンでも好評だった

紫陽花のブーケやベースアレンジで飾って頂けます

 

庭にも街路樹の横にもたくさん咲く花だからこそ

部屋の中に飾りたくなる選りすぐりの美しい紫陽花をと

毎年、産地を変えながら準備して来ました

画像は去年のもの

添えたい枝はこの季節にほんのり実が色づく

ブルーベリーの枝

 

添えたい白い花は時計草のコンスタンス・エリオット

立派な名前がついています

ブーケに絡めても、長めのベースで流れを活かしても素敵

しっかり水揚げできれば必ず立派な花が咲きます

 

季節の花の定期便は6月は

29日(金)着と 30日(土)着を選んで頂けます。

お申し込みの方はご希望日をおしらせください。

 

季節の花の定期便と同じ花材で熱海レッスンも

伊豆山の自宅アトリエで開催します

熱海レッスン 今月は6月27日(水)14時から

まだご予約可能です

 

 

季節の花の定期便、熱海レッスン

画像より長めの枝で床置きできるサイズ感で

美しいドライフラワーになる

オランダから届くアンティーク紫陽花を予約で準備しています

テーブルに飾れるブーケを束ねることができる

少し短かめで原種に近い伊豆産の美しい紫陽花も予約しました

共に花材代金10800円

花の定期便は別途送料梱包代1500円、合計12300円となります

 

ご希望の方はcontactフォームかメールでお申し込みください

気になることありましたら遠慮なくお問い合わせください。

 

 

 

雨の窓辺に紫陽花を

昨日の梅雨の晴れ間から一変

今日は一日中、霧に包まれた雨模様、静かに雨が降り続き

紫陽花がより美しく映え、窓辺で写真を撮り愛でました

 

季節の花の定期便でどうしてもお届けしたくて

伊豆の紫陽花の原種に近い額紫陽花

その名も「城ケ崎の雨」

紫から淡い水色までのグラデーション

咲き進むうちに色が変化するのも紫陽花の魅力

1週間以上飾ってもこの美しさ

ちゃんと水揚げされた紫陽花はフレッシュなものでも長く飾れます

 

オランダから届いたアンティーク紫陽花は1ヶ月飾り

美しいドライフラワーにします

 

どちらもしっかり予約を入れました

今月の花の定期便は紫陽花を堪能して頂きます