春の翳はむらさき

いちばん寒いこの季節に春の花々を先取り

切り花の球根花が美しい季節です

季節の花の定期便をお届けした方には

ブログでお伝えしたいと思います

 

美しい球根花の中でもチューリップは特別で

濃い紫色のチューリップを3種

小手毬と姫水木の枝に合わせます

小手毬と姫水きをフラワーべースに合わせて切り分け枝物は切り口を必ず割ります。

チューリップはステムの流れを活かしながら

痛んだ葉だけ外し残りの葉は花留めの役割を果たすので

流れを活かしながらそのままの長さを活かし活ける

少し短めのチューリップも葉が花留めとなるので

枝を活かし少し浮かせながらあしらいます

 

ちょっと寂しすぎると感じたらラナンキュラスのマルヴァを添えて

マルヴァの華やかさは明るい紫にも生えるので

アネモネやヒヤシンスにも似合います

お好みで変えてみてください

 

チューリップ  ブラックヒーロー(別名 夜の帝王)

今年は少し小ぶりの花が届きました

 

チューリップ ブラックパーロット

オウムの羽のようなパーロット咲き

ディティールを見れば見るほど自然の不思議を感じます

徐々により深い紫から黒に近い色へ変化します

長く飾ると薄い花びらになりながら花びらはドライフラワーになります

 

チューリップ ネグリタパーロット

初めて使う種類、葉の形もエレガントで美しい

 

オランダから届くヒヤシンスの切り花は乳kぁりょうが少なく4種類ほどをミックスさせて頂きました

淡い色の固い蕾が濃く色づいてきます

 

復職が美しいポンポンラナンキュラスは

イタリアからの輸入だったのですが

紫陽花で有名な青木園芸さんが国産の美しいラナンキュラスを栽培しています

今回選んだのはマルヴァ

 

鮮やかで深い紫色のアネモネも蕾で届きます

球根花ではないけど深い紫色に惹かれます

 

少しだけ添えた小さな球根花はムスカリ

球根つきで根と花芽が出たばかり

お部屋で水耕栽培で育てられます

水を少なめに小さな花瓶やキャンドルホルダーで飾ってみてください

小手毬は蕾で届くので枝を割り、多めの水で水揚げして

暖かな部屋で咲かせてからチューリップと合わせてみてください

姫水木は少し多めでひと束づつお届けですが

固い蕾なので咲かせて長く楽しんでください

 

紫色に春の黄色や淡いオレンジや柔らかなピンクも

合わせたくなったのですがぐっとこらえて

添えた色は小手毬の白だけ

あえて紫色のグラデーションでお届けしました

「春の翳はむらさき」

教えて頂いた言葉をこの季節は呪文のように唱えます

まだ届いてない方もお楽しみに

ご質問は何なりとメールでお問い合わせください