季節の花々や植物や自然の景色から学ぶ

東京の東中野と伊豆を行ったり来たり

2箇所拠点暮らしを6年ほど続けた後に

熱海へ完全に移住してまだ1年未満

自然の美しさや季節の移ろいを身近に感じられる場所に暮らし

海と山と空が見える場所で自然の移ろいをインプット

 

その力強さや美しさや、五感で感じられる何かを

お伝えできたらと思っています

 

そんな熱海からひと月に1回、大田市場へいきます

花市場に入荷する花材は季節を少し先取りしながら

本当に圧倒的な品種と品質と量が入荷し

特に大田市場は日本中だけでなく世界中から

様々な花々が揃います

花の世界もファッションやデザインの世界と同じように

時代の流れで変化し続けていてそれを市場で感じることはとても大切

 

同じサイズや形が揃っていた工業製品のような

園芸種の花々も

より自然なものが求められているように感じます

扱いは難しいけど、喜びは大きい

 

9月末に季節の花の定期便でお届けし

熱海伊豆山でのレッスンで使った花々や植物で

バスルームが埋め尽くされた様子、至福の時間

予約でお願いしたツルウメモドキは本当に美しく

心踊る極上のものが届きました

記録にと撮ったのでわかりずらいのですが

折れないように綺麗な青竹を添えて

木のボタンで留められていました

5本づつ乾かないように丁寧に厚手のビニール袋できっちり包まれ

切り口は新聞紙を湿らせたものを当てて包まれていました

熟した実は乾燥するとすぐ弾けて全部オレンジ色になるのですが

ゆっくり変化するのを楽しむことができ

生産者の方の丁寧な仕事と美しいものを

いい状態で届けたいという愛情を感じました

私も丁寧にお伝えしたいと思います

 

そしてどんな場所でどんな風に育てられたのかしら

美しく飾るだけじゃなく、

その花や植物のことをもっと知りたくなります

 

ここ数年、とても気に入って

秋には必ず使いたいオヤマボクチ(雄山火口)

不思議な名前と個性的な色と形

届いた時は丸いトゲトゲのボール状の蕾で

咲くとなんとも不思議な大きなシックなアザミに

葉の裏側に生えるふわふわの繊維を

火起こしの時の火口(ホクチ)として使ったのが由来

キク科 ヤマボクチ科 アザミ類

山野に自生して、食用にも用いられているらしい

 

蕾の付き方も枝ぶりも1本も同じものがありません

ちょっと珍しい八重咲きコスモスは品種改良されたもの

一重咲きは楚々として和の風情ですが

外来品種で南アメリカが原産地

メキシコからスペインへ渡りコスモスと名付けられたそう

名前の由来はギリシャ語のコスモ(宇宙)

コスモスはラテン語

秩序を保つ世界体系としての宇宙

対義語はカオス

花はあまり香らないけど、

コスモスの花をあしらう時に葉を間引くと香ります

コスモスの葉の香りはこの季節の好きな香りの1つ

 

季節の花の定期便を受け取った方や

熱海伊豆山レッスンへお越しの皆さまは

秋の風情を楽しんで頂けたかしら

Instagramへの投稿やメールでのご報告や

ご質問やご意見etc.いつもありがとうございます

本当にとても励みになってます

 

季節の花々や植物や自然から私も学び続けます